テレアポ、メールマーケティングなどの
成果報酬型営業代行・コンサルタントの株式会社エンカレッジ

問い合わせフォーム入力&テレアポ業務

障がい者の方々にテレアポイントを取って頂くサービスを展開しています。
弊社営業支援・営業代行のサービスを利用して、社会貢献を実現しませんか?

弊社の障がい者雇用のサービスを使って、新規の商談確保を成功させてみませんか?

問い合わせフォームに決められた営業メッセージを手動で入力するサービスです。
300件といった少数の入力件数にも対応しております。

ターゲットリストも弊社で用意致します、エリア(地域)と業種や企業規模から
営業ターゲットリストを全て無償で作成しております。

またはホームページ上に記載されている特殊なキーワードを
弊社のWebクローラー(Web検索するソフト)を使って
オリジナルな営業ターゲットリストを作成する事も可能です。

その他でも弊社では、約10,000,000件の法人企業リストを保有しておりますので、
様々なニーズにお応えできます、お気軽にリクエスト下さい。

後は、弊社に任せて頂ければ、問い合わせフォームに事前に決めた営業メッセージを入力し、
入力先の企業担当者からの反応を待つだけといったサービスです。

入力有効な問い合わせフォーム3,000件以上の場合は、
最初にRPAツール(システムで自動入力するツール)
で入力し、システムで入力できなかった会社だけを、
人的入力を補う流れのハイブリッド型の入力サービスで
ご提案致します。

全ては、配信先の母数で決まります、先ずは、弊社の営業ターゲット
リスト作成サービスで入力可能の母数の確認を行って下さい。
https://www.encourage-sol.jp/targetlist/

問い合わせ営業のYouTube動画CM

弊社は、全て障がい者の方に入力業務を務めて貰っています。

特にアスペルガー系の対人コミュニケーションが苦手な方は、
こういった入力業務には、高い能力を発揮して貰えるのです。
社会貢献の一環で弊社もこのビジネスを推奨しております。

レインボータウンFMで取材を受けた、障がい者雇用について(動画)

問い合わせフォーム入力にプラスしてテレアポ業務も効果的です

午前中に問い合わせフォームへの入力作業を行い、午後からテレアポ部隊が
テレアポを行う流れも可能です。しかしながら昨今では、
各社がテレワークを行っているケースも多くなり、
テレアポが重要な営業ツールとならなくなったのも事実です。
ケースバイケースで、このテレアポのサービスも提案するようにしております。

ページ上部へ